SFAの利用ということでは、営業支援システムということですので、インターネット社会ではビジネスでも欠かせないシステムですが、どの企業でも何かしら、それらのシステムは利用しているということでしょうが、問題はそれが効率化しているかということです。またそのことに関心がない人たちの場合には、時間は決まっているのですから、その中でも大きなロスをもたらしているということになります。営業というと勘や根性や努力ということが好きな日本人ですから、最低限の機能があれば良いと考えがちですが、やはりそれだと、同じ力の企業だと、非能率化と能率化ということで、差がますますひらいてしまうということにもなりかねないということになります。またインターネット社会なので、その面でも対応ができないということになりかねないということです。

SFAの利用とインターネット

SFAということは営業支援ということですので、インターネットをどうしても利用しなければならない以上、インターネットを通しての営業支援ということになります。そうなると自社のシステムの中でのSFAの理解や位置づけが重要になります。インターネット世界の中での営業の位置づけですが、それを他のシステムとスムーズに補完しあうようにしないと、うまくないということになります。またそれらがうまくいくと、思った以上に成績も上がるということになります。作業を分担できるからです。今まで独りでしてたことで、直接営業に関係のないことなども支援してもらえるということになるからで、具体的には見込み客を絞って確率の高い営業ができるということになるからです。そのようなメリットもよく理解しておくということが、SFAのシステムの利用では肝心なところです。

SFAの利用と会社のシステム

営業支援システムのSFAの利用ということでは、このサービスの導入時の会社のシステムとの親和性も重要になります。今のビジネス社会では、どうしても色々なインターネットなどのシステムが満載しているということになり、それは中小企業から大企業まで同じではないかということですが、その場合にいくら有効なシステムでも、今利用しているシステムの中でスムーズに使えないと意味が無いどころか、支障をきたすということになります。そのような意味でも、導入では、そのシステムだけではなく、今まで利用しているシステムとの親和性も考えなければならないということになります。そのようなことは、会社内だけでできることではなく、SFAの販売業者との連携プレーでもあるので、その点のサービスが行き届いている業者を選ぶということも重要ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)